未分類

賃貸に住み続ける?持ち家を購入する?それぞれのメリット・デメリットを考えてみました。

こんにちは!アークエステートの丸池です!

開業に向けて、いろいろと動き出しています。

もうすぐ事務所の内装工事に入る予定です。

その前に自分たちでできることをしようと思い、事務所の後方ドアを

塗り替えてみました!!

 

 

事務所の内装に合わせた色にしてみました★完成が楽しみです★

 

さてさて、、今回の記事は多くの人が考え、迷うであろう

賃貸住宅に住み続けるか、持ち家を購入するか……。

 

持ち家と賃貸にはそれぞれメリット・デメリットがあり、専門家の間でも

意見が分かれるところです。

一概にどちらが有利とはいえない点にこのテーマの難しさがあります。

 

 持ち家のメリットは?

★資産になる★

持ち家のメリットは自分の家を持つことができることです。

マイホームを手に入れたという満足感を感じることができ、資産になるので、

社会的信用度が高くなります。

将来的にも子供に残す、売却する、などの選択肢があり、立地などの状況によっては

購入時よりも値上がりすることもあります。

 

★比較的自由にリフォームができる★

自分のライフスタイルや家族構成を考えて建てることもできるし、

好みの内装にしたり、将来的にはバリヤフリー仕様にしたり、二世帯住宅に

建て替える…など、自由にリフォームすることができます。

ローン完済後も長く住み続けることで、賃貸と比べコストが安く、

戸建て住宅の場合は土地が資産価値を持つのもメリットと言えます。

 

★住宅ローン完済後は固定費を抑えられる★

ローンを払い終われば完全に自分の家になり、固定費の出費を抑えられます。

固定資産税や、管理費、修繕積立費などを除き、月々の支払いがなくなるので

老後は安心してゆとりある生活を送ることができます。

 

★住宅ローンの団体信用生命保険を利用できる★

団体信用生命保険は、住宅ローンの債務者が死亡したなどの時に、

保険金によって住宅ローンの残債が完済される制度です。

残された家族に住宅ローンの負担を遺すことがないので、安心感のある仕組みと

言えます。

 

 

持ち家のデメリットは?

★多額の住宅購入費用が必要になる★

多額の頭金が必要になり、住宅ローンを借り、何十年も返済を続ける

必要があります。

また、固定資産税や都市計画税などの税金が発生します。

固定資産税や都市計画税は住宅を所有している限りかかるため、

住宅ローン完済後も負担が残ります。

 

★簡単に住み替えできない★

家族構成や、ライフスタイルの変化、勤め先の転勤などがあっても

気軽に引っ越しすることができない。

また長年住み続けているうちに、家の前に高い建物が建ったり、

まわりにそぐわない建物が建ったりするなど、住環境が変化して

暮らしづらくなっても、なかなか簡単に住み替えることは難しい。

 

★メンテナンス費用がかかる★

長く住み続けていると家は必ず劣化します。

持ち家では建物や設備のメンテナンスはすべて自己負担です。

自身で業者を手配し、修繕や修理にかかる費用も全額自己負担になります。

 

★火災や自然災害などのリスク★

火災や台風・豪雨・地震といった自然災害のリスクにも、所有者自身が備える

必要があります。これらのリスクには、火災保険や地震保険に加入して

備えることが一般的ですが、保険料の負担がでてきます。

 

 

賃貸のメリットは?

★住宅ローンや固定資産税などを払わなくていい★

賃貸のメリットは何といっても住宅ローンを借りる必要がないことです。

住宅ローンという重荷を背負わなくていい。

ローンがないので破綻リスクがない。

また固定資産税や各種保険、建物を維持するための費用や

設備の修繕費なども基本的にはかかりません。

 

★ライフスタイルに合わせて住む場所を変えられる★

引っ越しが自由にできるのも賃貸の大きなメリットです。

転勤になったり、ライフスタイルが変化した場合などもそれに応じて

引っ越しすることができます。

 

★メンテナンス費用がかからない★

賃貸住宅は自分の持ち物ではないので、

住宅設備が壊れた時などには修理代は基本的に大家が負担してくれます。

地震などで家が壊れたときに損失を負担しなくていいことも

安心材料と言えます。

 

 

賃貸のデメリットは?

★内装や間取り、設備など自分で決められない★

賃貸物件はリフォームが禁止されていることが多く、間取りや

設備の変更などは基本的にできません。

 

★一生、家賃の支払いが続く★

住宅ローンに縛られることはありませんが、住んでいる限り家賃を

払い続ける必要があり、長年暮らしても自分の資産には一切なりません。

家賃の値上げされることもあります。

特に老後の年金暮らしになってからは、家賃の支払いが重く感じられるでしょう。

 

★高齢になったとき契約を更新できないことがある★

高齢になって年金以外の収入がなくなると、

借りられる物件が限られてくるという問題もあります。

年齢を理由に契約を断られ、希望通りに引っ越しできないという

リスクも考えられます。

 

★まとめ★

賃貸・持ち家、どちらにもメリット・デメリットがあり、

大切なのは自身や家族の考え方や、ライフスタイル、コスト面での負担を

考慮して判断していく必要があると思います。

家を買うのか、借りるのか……。永遠のテーマとも言えそうです。

-未分類

PAGE TOP

© 2021 (株)アークエステート Powered by STINGER