不動産キャリアパーソンとはどのような資格なのか?合格率は?

 

不動産キャリアパーソンという資格を知ってますか?

 

不動産キャリアパーソンとは?

不動産キャリアパーソンとは、不動産取引に関わる人達に対して、安心で安全な取引を推進するために公益社団法人「全国宅地建物取引業協会連合会」(全宅連)が実施している資格です。

2013年から認定開始した資格で、国家資格ではなく全宅連が独自に認定・付与している民間の資格です。

不動産キャリアパーソンは、不動産取引で活かされる「実務」知識の修得に重点を置いた通信教育資格講座で、受験資格がないため、誰でも受講できます。

 

 

不動産キャリアパーソンの申し込みは?

 

受講対象 不動産取引に関わる全ての人 (消費者問わず誰でも受講できます)
受講料 8,000円 (税別)
受講期間 12ケ月
学習教材 テキスト学習とインターネットの講義動画による通信教育
終了試験 通信教育学習後、各都道府県に所在する指定会場でパソコンを使用して修了試験を受ける

所定のカリキュラムを受講して、修了試験に合格すると資格が取得できる。学習方法は受講者が自分でテキストとインターネットの講義動画を見て学ぶ、通信教育の講座になっています。講座を受けたうえで、月に一回開催されている修了試験に合格すれば資格を取得できます。試験は40問あり、7割程度(28問)の正解で合格となります。

 

不動産キャリアパーソンを取得するメリット・デメリット

メリット

実務中心で学べるので、仕事に活きる

教育体制がしっかりしていないことが多い不動産業界の中でも、しっかりと実務知識を学べる

宅建士、マンション管理士などの不動産業界の他の資格をとる足がかりになる

 

不動産キャリアパーソンを取得すると、物件調査をはじめ取引実務において必須である基礎知識を、取引の流れに沿って学習し修得することができます。

テキストや講義動画で、複雑な不動産取引をわかりやすく解説してくれているので、不動産業界に入ったばかりの人や一般の方でも学びやすいのがメリットです。

 

 

デメリット

新しい資格なので知名度がない

宅建士のように直接的に仕事や収入アップに繋がるわけではない

他の資格試験のように、過去問や問題集がない

 

不動産キャリヤパーソンは、2013年から開始された比較的新しい資格です。知名度も低く、宅建士のように資格手当が付くわけでもありません。
また、ほかの不動産関連資格のように過去問や問題集がないため、基本的に受講時のテキストや講義動画で学ぶことになります。

 

 

まとめ

不動産キャリアパーソンの勉強内容は、素人の方でも不動産取引がわかりやすいように設定されています。そのため、不動産業界に入ったばかりの新卒の人や、これから不動産業界に就職を考えている人など、経験の浅い人におすすめです。

もちろん、経験豊かな不動産経験者も、改めて知識を学び直したい場合にぴったりな資格です。

私も実務の知識を学ぶために、取得にむけてがんばりたいと思います!

 

 

PAGE TOP

© 2021 アークエステートのBLOG Powered by STINGER